2008年05月24日

Dreams Come True♪

いよいよ、チェルシーフラワーショーにて、デモンストレーションですぴかぴか(新しい)
1年前に憧れた、あの場所に立てるかと思うと、
前日の夜は、なかなか寝つけませんでした。

会場について、早速、準備。
と思いきや、木曜日から続いているので、特にすることがなく、
先生の一人であるヘレンが、
エキシビター用の施設を案内してくれることに。

エキシビター用の施設があったなんてexclamation
知らなかった〜目

レストランがあって、その外には、お手洗いもあって。
(ちなみに、お手洗いは、一般用よりもきれいでした。笑)
超興奮exclamation×2

chelsea5 080524.jpg chelsea6 080524.jpg chelsea4 080524.jpg


早速、お茶をして、少し休憩喫茶店

30分くらいでブースに戻りましたが、
スペースがそんなに大きくないので、交代でお庭を見に行くことに。

本来は、お庭がメインのこのショー。
見に行けることはとてもありがたいのですが、
ブースに立つまで、少し時間がかかります…たらーっ(汗)



つづきはココ☆
posted by chiri at 23:00| Comment(4) | Flower Show | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

エキシビター

現在、開催中のチェルシーフラワーショーかわいい

私は土曜日に希望を出していましたが、
念願叶って、デモンストレーターの一員になれたのですぴかぴか(新しい)

ジェーンの手元には、

『Exhibitor』

と書かれた、通行証がexclamation×2
(当日まで、ジェーンが保管するそうですが…。)


と、いうことで、デモンストレーター改め、


『エキシビター』


として、チェルシーに行きますグッド(上向き矢印)


土曜日、朝、6時集合で出発ですバス
しかも、一日中いられるらしいのですハートたち(複数ハート)
上下黒の服で、学校のエプロンを付けるんですって目ぴかぴか(新しい)

想像しただけでも…くふふるんるん( *´艸`)


一緒に祈ってくれた皆さま、ありがとうございました〜かわいい
posted by chiri at 21:30| Comment(2) | Writtle College | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後の授業

昨日が、エリザベス女王に花束の渡す日でしたひらめき
コンペで選ばれた子は、
新聞の『サン』を持って、教室に入ってきました目
そこには、花束を持つエリザベス女王の写真が。
自分の作った作品が新聞に載るって、
きっと、本当に嬉しいだろうな〜かわいい

一部に微妙な雰囲気が漂いつつも、
先生も興奮していたのもあり、
心配したほどは、悪い雰囲気にはなりませんでしたダッシュ(走り出すさま)

よかった…。


つづきはココ☆
posted by chiri at 21:00| Comment(4) | Writtle College | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

コンペの結果

水曜日のコンペの結果。

残念ながら、私は選ばれませんでしたバッド(下向き矢印)
でも、少しホッとしている自分もいてダッシュ(走り出すさま)

英語が自由に話せたらなぁ〜と、つくづく思います。
もしも、英語をもっと話せたら、
あ〜、悔しいという気持ちになるのかもしれないけれど、
参加しただけでも素晴らしいわ、なんて、
自分に甘い私です。はは。


私は全く気付いていなかったけれど、
一緒に参加していた子から、
「あれは、公平なコンペじゃなかった爆弾
と不満の声が出ていて、
なんだか、残念な気持ちに。

どこの世界にも、
『大人の事情』
というのがあるんだろうなと思うような、
そんな内容でした。

もちろん、真相は闇の中ですが…。

火曜日の授業で、嫌な雰囲気にならないことを祈るのみですぴかぴか(新しい)

posted by chiri at 21:00| Comment(0) | Writtle College | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

コンペティション

エリザベス女王に花束を渡す人を選ぶコンペ。
花束の練習にもなるし…と、意を決しての参加exclamation

というと、大袈裟なくらい、
ゆるりとした空間での作品作りでしたかわいい
使う花が用意されていて、小さな花束を作るというもの。

用意されたお花は、とても強い色で、
全くもって、うまく作れる自信がありませんあせあせ(飛び散る汗)

なんとか作り上げ、教室を出ます。


コンペに出るかを悩んでいた時は、
なんだかモヤモヤとしたものが頭にありましたが、
終わってしまえば、とてもスッキリ。
やっぱり、なんでもやってみるのが一番だなと、
参加してよかったなぁ〜と思いました手(チョキ)



写真をここに載せるのは…微妙ですが、
これも、一つの思い出として。

handtied bouquet 080514.jpg


いつか、自信を持って、
自分の作品を見せられるようになるといいなぁ〜目
posted by chiri at 21:00| Comment(0) | Writtle College | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

エリザベス女王に花束を?

授業のあと、ジェーンから、

「チェルシーフラワーショーで、
 エリザベス女王に花束を渡す企画があるひらめき

と、驚きの発言がexclamation×2

なんでも、新聞『サン』と協力して、その企画をするとか。
私のクラスの希望者が、渡すことができるというのでするんるん

学校側としては、宣伝効果を狙ったものでもあり、
新聞のインタビューにも答えなければいけないということで、
自分の英語力を考えれば、とても力不足。

でも、こんなチャンスは、そうありません。

思い切って立候補すると、
私を含め、6人の生徒が希望していました。
そこで、明日の水曜日に、コンペティションを行うとのこと。

もし選ばれたら、初日である19日に、
チェルシーに行くのだそうです目

英語の壁があるし、コンペは辞退すべきかしらと、
散々悩みましたが、
まぁ、出るのは自由だと思うことにして、
チャレンジしてみることにしました手(グー)

ドキドキ…ふらふら

posted by chiri at 21:30| Comment(0) | Writtle College | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手抜き授業…?

今日は、思うに、手抜き授業だった気がします。
そろそろ授業も終わりに近く、
カリキュラムも終了したのだろうとは思いますが、
気持ちはすでに、チェルシーに行っている感じです目

最初の作品はこちらかわいい

arrangement 080513.jpg


なぜ、この時期、
クリスマスのような、バレンタインのような色なのかは謎ですが、
デザイン的には好きです揺れるハート


つづきはココ☆
posted by chiri at 21:00| Comment(0) | Writtle College | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

予算との戦い

お花の授業は、レポートのほかに、実技試験がありますひらめき

実技試験は、決められた予算の中で、
指定された花材の中から、自分で花を選び、
授業で学んだデザインを作ります。

今回は、葬儀のアレンジとギフトアレンジ。
2時間で、2作品を作ります。

私の選んだ葬儀のアレンジは、
結構、お金のかかってしまうもので、
なおかつ、ギフトアレンジも、
「これをやりたいexclamation」というのを選んだら、
それもお金がかかるもので、
なかなか予算内に収まりません。

予算は、VATを含んで£35なのですが、
イギリスのVATは17.5%あせあせ(飛び散る汗)
自分の予想よりもかなり、VATにかかってしまうのです爆弾
予算は£35でも、実際には、£30以下にしないといけなくて。

もちろん、予算内でできるように、
シンプルに選べば、楽にできるのですけれど、
せっかく作るのだから、
素敵なもの、かわいいものを作りたいという欲が…。

あれを加えたらかわいいなぁ〜。
でも、グリーンも必要だから…。
葉っぱ、高っexclamation
VAT高すぎっexclamation×2

計算機を叩きつつ、

あ〜、あと10p 削らなきゃ〜爆弾

と、ブツブツ、ブツブツ…。


頭がグルグルしてくると、
課題の一部であるデザイン画を描いたり、
デザインの説明を考えたり…。

楽しい課題ですが、
終わるまでは、やっぱり落ち着かないのです…目たらーっ(汗)
posted by chiri at 21:30| Comment(0) | Writtle College | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

デモンストレーター

毎年、ロンドンにて、チェルシーフラワーショーが開催されますかわいい
今年も、19日からスタートです。
昨年、私も母と行き、スケールの大きさに驚いたものです。

基本的にガーデンが中心のショーですが、
フラワーアレンジメントの部門もあり、
リトルカレッジも、毎年、参加しています。
それぞれのカレッジ・スクールが、ブースを出し、
そこで、実演しているのですひらめき
(もちろん、カレッジはガーデニングの方にも参加しています。)


つづきはココ☆
posted by chiri at 21:30| Comment(2) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の授業

今日は、葬花とハンドタイドブーケの2種。

まずは、葬儀用のアレンジかわいい

textured funeral design 080506.jpg


側面を写し忘れたのですが、全て、葉で覆っています。
そこが一番の特長なのに、痛手です爆弾

シンビジウムがベトベトすることが、新しい発見でした。
どうしたらいいのかはわからないのですが、
シンビジウムとガーベラの配置のバランスが気に入りません。
こういう、埋め込んでいく作品は、どうやら苦手のようですバッド(下向き矢印)


つづきはココ☆
posted by chiri at 21:00| Comment(2) | Writtle College | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。