2008年11月16日

コンペティション

いよいよ、フラワーショー当日ですかわいい
会場はノッティンガム。
みんなでコーチ(大型バス)に乗って、3時間。
学校を出たのは、朝の6時でしたバス

4時半起きで、お水の準備をします。
今回、私が出場したコンペティションは、
Chrysal(クライザル)社がスポンサーのもの。
ということで、出品作品の花瓶の中に、
クライザルの延命剤を入れることが、条件でしたひらめき

お水500mlに、延命剤1袋。
ジェーンから、
「過去に、水道水でうまく溶けなかったことがあるから、
 ペットボトルのお水を買って、使った方がいいわよ。
 お水もテストされるからね目
と、アドバイスを受けていたので、
慎重に計量し、延命剤入りのお水を作りました。

万が一の時に備え、ツールボックスも持ちます。
花瓶入りのブーケに、ツールボックス、
そして、普通のバッグと、
荷物が歩いているような状態でしたあせあせ(飛び散る汗)
Rビンが家まで迎えに来てくれたので、
本当に助かりました。
彼女の助けがなければ、無理だったと思います。


学校からは、コーチでノッティンガムへ。
車内では、揺れるバスから守るため、
必死に花瓶を押さえていました。
クラスメイトはもちろん、
近くにいた初対面の方(同じ学校の生徒ですが)にまで、
「押さえるのが大変そうだったねexclamation
「小さい指が、必死に押さえていたねわーい(嬉しい顔)
と、笑われてしまいました。
でも、声をかけてくれたみんなが、応援してくれました。

ちなみに、お花を傷つけないために、
花と花の間から、指一本で花瓶を支えていたのが、
「小さい指が…」と言われた原因です。笑
一度、眠りに落ちそうになった時、
スルッと指が抜けてしまい、全身、サーっとなり、
瞬時に目が覚めましたがく〜(落胆した顔)
よかった、倒れなくて…。


会場に着いてから、すぐに審査のお部屋に向かいます。
カードを受け取って、展示場所に案内され、
必要事項を記入し、作っておいたお水を足して、
その部屋を出ました。

素敵な作品がたくさんあって、
この時点で、
「あ〜、賞に入れることはないな…ダッシュ(走り出すさま)
「せめて、半分より上に入れたらいいなぁ。」
と、そんなことを思っていました。
そんな状態だったので、
会場に入るまでは、ものすごくドキドキしていたのに、
作品が手から離れてからは、
何も考えることがなく、
ゆっくりとショーを満喫いたしましたかわいい

13:15からのデモンストレーションを見て、
その後に、表彰式という流れでした。
デモの途中くらいで、審査が終わる予定だったので、
見学が終わったらスコアを見に行こうと思っていました。
たくさんの作品を用意しすぎたのか、
デモがスケジュールの時間を大幅に超えてしまい、
それでも、紹介されなかった作品があったようでした。

デモが長引いてしまったので、
そのまま、コンペティションの表彰式に突入。

コンペティションは、学生対象の物を含めて6つあり、
クラスA(私が参加したもの)から、受賞者が発表されます。
デモの直後で、会場もまだガヤガヤしている中、
表彰式が始まりましたが、
16時に学校へ戻るコーチが出発する予定だったので、
あ〜、表彰式を見ていたら、スコアが見られないかも…ふらふらと、
私は上の空でした。

「スコアを見たいから、今から行こうかな…」
と、Rビンに話しかけた瞬間、
なんだか、聞き覚えがある名前を言われたような、
言われてないような…。
それは、クラスA・3位受賞者発表の時でした。

「へ?」

と思っていると、Rビンがはしゃぎ始めましたるんるん

「chiriだよ〜揺れるハート

「…え?私?」
と、意外すぎて、信じられない私。
私の名前は、読みにくいようで、
発音が微妙だったこともあり、
まさか…という気持ちの方が大きかったのです。
そうこうしているうちに、もう一度名前が呼ばれます。

「本当だっexclamation、私だexclamation×2
「きゃ〜わーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)
と、Rビンと二人で奇声をあげ、
その場を動けずにいました。
壇上では、Society of Floristryのプレジデント、
デボラ(前学科長)が、
「会場にいないのかしら?
 いたら、前に出てきてちょうだいグッド(上向き矢印)
と、言っています。
慌てて階段を降り、壇上へダッシュ(走り出すさま)

クライザル社のプレゼンターと握手をし、
賞状をいただき、
デボラを含めた3人で写真を撮ってもらい、
自分の席に戻りました。
夢のような出来事に、信じることができず、
でも、Rビンは満面の笑みで、私を迎えてくれて、
賞状を頂いた後になって、全身が緊張し始めましたふらふら
足がガタガタと震え、
いただいた賞状を見ていたら、じわ〜っと涙が…。

表彰式が終わった後、
別の場所に座っていたクラスメイトからも、
おめでとうのハグをしてもらい、
「本当なんだ〜」と、じわじわと喜びが沸いてきましたかわいい

「I’m very proud of you!」

みんなが口々に言ってくれた言葉でした。


コーチ出発の時間が迫っているので、
審査会場に戻り、自分の作品を取りに行きます。
そこには、スコア表と、3rd Placeと書かれた紙が…ぴかぴか(新しい)

competition1 081116.jpg

今思うと、チョット斜めになっています…。

しばし、呆然と見つめてしまいました目
その後、自分の作品を、バシャバシャと写真に収め(笑)、
持ち帰ってよいか聞きましたが、
16時までは展示しておかなければいけないということで、
ジェーンに回収を頼みました。

会場では、たくさんの人が写真を撮っていましたが、
全く知らない人が、私の作品を撮っているなんて、
なんだか不思議でした。
自分のことではない感じでした。

その後、クライザル社のストールに行って、
名前と住所を書いてきました。
後日、賞が送られてくるそうです。

chrysal 081116.jpg

これが、クライザル社のストール。

帰り間際に、バタバタとしてしまったため、
他の作品をゆっくり見る時間がなくて残念でしたもうやだ〜(悲しい顔)
でも、1位・2位の作品は、
「う〜ん、さすが!」
と思うものでしたぴかぴか(新しい)


さて、作品をもう少し大きくご紹介。

handtied 4 compe 081116.jpg

いかがでしょうか?

テーマが、
『20周年のお祝いに、
 サーカスの団長の奥さんに渡す花束』
だったので、楽しく賑やかなイメージにしました。
お花は、落ち着いた色合いにまとめました
(写真だと、ピンクが目立って、そうでもないかも…。)

チョコチョコと、こだわったポイントもご紹介ひらめき

tingting

banding point 081116.jpg

どれも、愛着がありますハートたち(複数ハート)

一番こだわったのが、カラーのライン。
本当に苦労しました…爆弾

ゴールドのボールは、実は、ゴミから生まれました目
失敗したワイヤーを捨てる際に、
くるくるっと、手のひらで丸めたのがきっかけ。
あれ?これって、かわいいんじゃない?と。笑

花束の結び目の部分は、
ワイヤーで編んだリボンで隠しました。
ワイヤーのメリヤス編み。
手が痛かったです…。笑

ハイペリカムの実や、オーニソガラムの花を、
全体に散らしました。
スチールグラスにボールとハイペリカムを通したことで、
アレンジ全体に、動きが出たかなぁと思っていまするんるん

楽しい感じになっていますでしょうか?


今回のコンペティションの結果は、
留学生活の最高の思い出になるものでしたぴかぴか(新しい)
もちろん、まだまだ経験・知識が必要ですが、
これからの励みになるものでしたかわいい
応援してくださった皆さん、
本当にありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

これからも、頑張ります手(グー)
posted by chiri at 22:00| Comment(10) | Flower Show | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読みながら、感動してしまいました。
ちぴの目にも涙。
お花のことは分からないけれど、
とても素敵だな〜って思います。
たくさんの作品の中で輝いていたことだろうなぁ *.・+
まるでchiriそのもののようです。
頑張ってよかったね!
遠くイギリスで頑張ってよかった★

これからも頑張ってね〜!
頑張りの数だけ応援します☆☆☆
Posted by Tippy at 2008年11月18日 10:26
私も読み進んでいくうちに、涙がボロボロ。
お水にまで気を使うなんて信じられないけど
細部にまで手を抜かない事が、コンペに参加
する心構えなんでしょうね。
作品の事、chiriさんの気持ち等等が良く伝わって来ましたよ。
編んだリボンの使い場所があそこだとは。。
ワイヤーの使い方やボールもなんだか
サーカスっぽい感じがしたわ。
最後まで手抜きなしの作品に、乾杯〜☆
Posted by ruhuna at 2008年11月18日 15:45
おめでとう!!!
何だかサクセスストーリーを読んでいる様でした☆
でもこれ ちりちゃんのお話なのよね!
本当に素晴らしい☆
ちりちゃんの細やかな心遣いが表れた
素敵なお花ですね♪

沢山沢山 自分にご褒美してあげて下さい♪お疲れ様でした〜!!!

Posted by あやの at 2008年11月18日 22:11
Tippy>
ありがとう☆
本当に、いつも応援してもらっているおかげです!!
まだまだ修業は必要だけれど、
今回のことはとても嬉しかった♪
いつか、いつでも輝いている人になれるように、
地道に頑張っていきます☆
これからも、応援よろしく♪
Posted by chiri at 2008年11月19日 07:08
ruhuna>
1.5リットルの水を2本買いました。
飲むわけじゃないのに、買うのか水を…と思いながらの、
スーパーからの帰り道だったよ。笑
目立たない場所だったので、
編んだワイヤーはあんまり気付かれませんでした、ははは。
まぁ、いいのだ、私は好きなのだから。
『サーカスっぽい』なんて、一番の褒め言葉です☆
Posted by chiri at 2008年11月19日 07:17
あやのさん>
いやいや、サクセスストーリーなんてとんでもない!
もがいてもがいて、ようやく出来た作品で、
あ〜、仕上げられてよかった…という感じでした。(^^;)
でも、何か作っているのが好きなんだなぁ〜と、
改めて実感しました☆
自分にご褒美…考えただけで、にんまりです♪
Posted by chiri at 2008年11月19日 07:20
ちいちゃん
本当におめでとう。
そして素敵な作品ね。
小さいところにこだわった点や、
プレゼントのテーマにあったキュートさに溢れているね!!
凄いね。凄いよ!頑張ってね^^/
なかなかかけずごめんね。
Posted by mugibatake at 2008年11月28日 00:03
ご無沙汰です☆
コンペお疲れ様。。そして本当おめでとう!!
気に入ったリボンがないから編んじゃうって、なんか、ちーらしいな・・と思っちゃいました☆
カラーとってもいいね!私もカラー好きなんだ☆その上、紫って。。もー私のツボです♪♪

これから本格的に冬で、寒くなってくると思うので、風邪には要注意です!!
暖かくして作業してネ(^^)

P.S ポッキーの日におめでとうメール出来なくてごめんなさいでしたm(_ _)m
Posted by 佐友里 at 2008年11月30日 03:45
mugibatakeさん>
お返事が遅くなってすみません。。。
ありがとうございます☆
いつも応援してもらっているおかげです!!
何と言っても、私にとってのお花のスタートは、
mugibatakeさんに教わったことですから♪

mugibatakeさんも、追い込みのころでしょうか?
お体に気を付けて、頑張ってくださいね〜☆
Posted by chiri at 2008年12月01日 02:31
佐友里>
私こそ、ご無沙汰してしまって、申し訳ない。。。
ありがとう〜、嬉しいよ〜♪
うふふ、編んじゃったよ、リボン☆
実は、カラーには、
もっと佐友里好みの紫があるんだよ〜♪

うっかり、風邪引いちまったよ、おいら。
今日から完全復活。頑張らねば!

P.S. いえいえ、ありがとう☆
今年から、『介護の日』も加わったらしいよ。笑
Posted by chiri at 2008年12月01日 02:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。